FAQ       

声楽クラス

合唱団に入っていますが、声の出し方がよくわかりません。


合唱団でも発声練習があると思いますが、短い時間でひとりひとりをサポートするのは難しい場合が多いようです。当教室ではマンツーマンで指導させていただきますので、生徒さんその人にフィットする声の出し方を導いていきます。 「みんなの声」に対するアドバイスではなく、「自分の声」だけのアドバイスで、今後の合唱人生をより豊かにしていきましょう。




どんなジャンルの曲を歌えますか?


当教室の発声はクラシックのものです。イタリア歌曲、ドイツリート、日本歌曲、ラテン語の宗教曲、オペラアリアなどを主に扱っています。そのほか、ミュージカル曲や合唱曲にアレンジされているような歌謡曲やポップスなど、クラシックの発声で歌える曲もご希望に合わせて取り上げることができます。





ピアノクラス

子どものピアノは何才からはじめられますか?


お子さまの興味の向く方向にもよりますが、年中さんの秋頃(4~5才)が目安かと思います。幼稚園・保育園での生活に慣れ、新しいことをやってみたいと思ったときがはじめ時と考えています。




ピアノがないのですがはじめてみたいです。


ピアノを習い始めるときに一番悩まれることかもしれません。ピアノは場所もとるし、経済的にも大きな決断になるうえ、どのくらい続けていくのかも不透明…。 タッチの差で音が変わったり繊細な表現ができるのでピアノが一番良いことには変わりがありませんが、それで興味の芽を摘んでしまうのはもったいないことだと思います。 電子ピアノを購入される場合、鍵盤がピアノと同じような形になっていて、88鍵あるものをお選びいただければと思います。はじめたばかりの頃は鍵盤数はそんなにいらないと思われるかもしれませんが、意外と早い段階で音域は広がっていきますので、買い直しを考えるとはじめから88鍵のものにしたほうがよいと考えます。検討される場合は楽器店で実際に音を出してみてくださいね。 もちろん新品に限らず中古のピアノなども候補にあげていただけましたら、それもうれしいです。




ピアノの足台は必要ですか?


はい。意外に思われるかもしれませんが、ピアノは指だけで弾くものではなく全身を使います。足をつけてきちんと座っていただきたいので、しっかりした箱や雑誌をたばねたものでも構いませんので置いてあげてください。足をつけて弾くことで集中することもできます。





共通

楽譜が読めません/楽譜が読めなくてもいいですか?


読めないところからスタートでも大丈夫です! 最初は戸惑うこともあるかと思いますが、読譜も身につくようその方のペースに合わせてサポートさせていただきます。 楽譜にはその曲をより魅力的にする手がかりがたくさん書かれています。楽譜を読めるようになることで音楽をさらに豊かにすることができますので、ゆっくり慣れていきましょう。




発表会はありますか?


原則1年~1年半の間隔で開いています。 出演は強制ではありませんが、本番を目指してしっかりと仕上げていくことやステージでの経験は、普段の練習だけでは得がたいものです。是非出演して、より深い愉しみを得てください。




発表会以外のイベントはありますか?


申し訳ありません。今のところ予定していません。




入会金・年会費はありますか?


いただいておりません。